タグ:片づけ ( 44 ) タグの人気記事

【レタスクラブ!GINGER!お片づけ!】

整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山崎真弓です。

親・子の片づけ教育研究所 橋口理事と全国のマスターインストラクター達が、今日発売のレタスクラブ3月号に掲載されてます! 

e0354545_19314895.gif

お子さんとの片づけについて、写真たっぷりに紹介されています^^

「片づく仕組み作り」と「関わり方」があってこそ、子どもの片づけ教育ができる。

仕組み作りだけでは子どもの片づけの悩みが解決しないことを、身をもって知っている私達。

まだまだ我が子との試行錯誤を繰り返しています。
だからこそ、お伝えできることがたくさんある!

お子さんやパートナーのお片づけについて悩んでいませんか?
ぜひお手にとってご覧ください^^
参考になること間違いなしです。


そして橋口理事は“GINGER”に掲載されています。
こちらはクローゼット収納に悩むオトナの女性向け。片づかないお悩み、解決できますよ!

ファッショニスタ達のクローゼット特集、とっても魅力的でした♡




仙台

3/10(土)【親・子の片づけインストラクター2級認定講座】のお知らせはコチラ♪


http://yamazakkyy.exblog.jp/26696034/



全国の【親・子の片づけインストラクター講座】スケジュールはコチラ♬

https://oyako-katazuke-edu.jp/seminar/calendar



[PR]
by zakky-style | 2018-02-24 19:30 | 親・子の片づけインストラクター | Comments(0)

【使っていない物は捨てなくちゃいけないの⁇】

こんばんは。
昨夜はタピオ館立オープン大学、通称「タピ大」 http://www.fm797.co.jp/tapidai/ にて講座を担当いたしました。

お片づけの基本を、ワークを交えて分かりやすく説明させていただきましたよ。

講座後、質問をいただきました。

「使っていないし、生活には不要だし、家族からは『しばらく使ってないし、要らないなら捨てなさい』と言われる物がある。でも自分にとっては大切な物。どうすれば良いのでしょう?」


こうお答えしました。
「大切な物だから、あなたは捨てたくないのですよね?
物が床を埋め尽くしていたり、万が一倒れてきたら事故につながったり、安全な生活を送ることもままならないワケではないのでしたら、捨てなさいでください。
使ってなくても、生活には不要でも、大切な物はありますよ^^私にもたくさんあります。」


使っていない物や不要な物は捨てなきゃいけない 
という刷り込みがある方が多いように思います。


お部屋をスッキリしたいからと言って、
なんでもかんでも捨てればいいってもんじゃないですよーーーーー‼︎
あなたがご自分の持っている物を全て管理できるのであれば、捨てずに取っておきましょう!

大事なので2回書きます。


あなたがご自分の持っている物を全て管理できるのであれば、捨てずに取っておきましょう!

ただし、
どこに何がどのくらいあるのか把握できないくらいお持ちで、共用ルームや他の家族の物を置くスペースを侵食してる場合にはやっぱり整理が必要です。

捨てるだけではない再活用方法を考えてみてくださいね。


我が家のリビング棚。この扉を開けると…

e0354545_22095577.jpeg

リラックマがたくさん^^ 
最近はコールマンのミニランタンが大好きで増殖中(ガチャガチャを見つけては収集)

e0354545_22101391.jpeg


これらは 使っていないし、そりゃあ生活に絶対に必要か不要かと言われたら不要かもしれない物だし、想い出の詰まった物でもない。

だけど、この扉を開けた時の心踊る気持ち、癒やしと言ったら!

大好きで大切な物で、私にとって必要な物です。


家族と言えども、それぞれに価値観が違うので、人の物にとやかく言うのはやめましょうね(笑)




仙台3/10(土)【親・子の片づけインストラクター2級認定講座】のお知らせはコチラ♪




http://yamazakkyy.exblog.jp/26696034/






全国の【親・子の片づけインストラクター講座】スケジュールはコチラ♬


https://oyako-katazuke-edu.jp/seminar/calendar



[PR]
by zakky-style | 2018-02-20 21:47 | 片づけ | Comments(0)

【メイク用品は使用頻度で1軍2軍に分別収納!】

メイク用品は、使う頻度によって収めるポーチを変えています。

e0354545_18210805.gif
オレンジの方には毎日使う1軍を。
[クリームファンデ、アイブロウ、アイライナー、アイシャドウ、マスカラ、チーク、リップ]

ブルーの方にはたまに使う2軍を収めて。
[アイシャドウ、マスカラ、リップ]

10年くらい前に購入したzuccaのポーチに分けて入れています。(zuccaのポーチは、ちょいと派手で 人とかぶらないから好きです。)


メイクアイテムは開封すると酸化します。
私の場合、開封してから長い期間使っているとかぶれる(特に目の周り)ので、各アイテムの数はあまり増やしません。

アイシャドウ(カラーが違うもの)と
マスカラ(ボリュームアップ用、お湯でオフできるものなど効果の違うもの)
はTPOや気分で変えるから3種類ずつ。

だいたい2〜3カ月で使い切り、新しいものに買い換えます。


美容師をしていた頃は各アイテム10種類以上は持っていましたが、使い切るのに期間を要するから酸化するのよね。

肌の調子も良くなかったっけ(^◇^;)

そして以前はディオールやシャネルやランコムのアイテムが好きでしたが、酸化しても古くなっても もったいなくて処分しにくくいつまでも整理できないので、いっそのこと買うのをやめました(笑)

最近はエクセルやケイトやマリークワントなどのプチプラコスメを買うことが多いです。


以上、
よく使う物、たまに使う物を分けて収納すると選びやすいし戻しやすいです。

お片づけの基本の「どこに何がどのくらいあるか把握する」のが大前提にありますよ^^


以上、整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山崎真弓でした☆


仙台3/10(土)【親・子の片づけインストラクター2級認定講座】のお知らせはコチラ♪


http://yamazakkyy.exblog.jp/26696034/



全国の【親・子の片づけインストラクター講座】スケジュールはコチラ♬

https://oyako-katazuke-edu.jp/seminar/calendar





[PR]
by zakky-style | 2018-02-15 19:50 | 収納 | Comments(0)

【毎日をスムーズにするお片づけ!3つの基本】

毎日をスムーズに送るために必要なお片づけの基本、実は3つだけです。

1,管理できる物量にする
2,すべての物に定位置を決める
3,使った後は片づける


でもコレが難しいんだよね(^◇^;)
というお声が聞こえてきそうですが、コレが一番の近道であります。


管理できる物量の目安は、家の中の

[どこに何がどれくらいあるか]

分かっていること。


分からないということは、[あなたが管理できる量を超えている]ってことです。


物量は少なくすればいいというわけではありません。多くても管理できていればいいですよね♪

自分が管理できる量にしていると、後片づけもラクです。


ちなみに私は黒タイツを10足持っています。
これが多いか少ないか、まわりの人からは判断できませんよね。
人それぞれでいいと思うのです♪


片づけるために生活しているわけではなくて、生活がスムーズに送れるように片づける。


基本3つをおさえて、ほどほどにお片づけしましょう♪


わが家のほどほど片づけと、家族との関わり方をお伝えする【仙台3/10(土)親・子の片づけインストラクター2級認定講座】
 のご案内はこちらです♪


全国の【親・子の片づけインストラクター】講座スケジュールはこちらをどうぞ♪


[PR]
by zakky-style | 2018-02-13 19:00 | 片づけ | Comments(0)

【あなたに合った収納は他人のインスタでは見つからない】

こんばんは。


さて、今日はタイトル通り^^

家の形状、部屋数、家具形態、収納スペースの数や位置、家族の人数、生活スタイルや時間帯、身長、動線、利き手…それら全てが同じ方はいません。


なので、他人の収納方法やグッズを真似ても自分に合わない事は多いです。


ではどうすれば良いのかというと、参考程度にすることをおすすめします。


そこに自分の身長や動線を考慮した「使いやすい方法」にする。


自分が続けられる収納方法にする。


インスタやブログではヒントだけをいただき、そこに自分の工夫やセンスをプラスする。


例えば私は、洗濯洗剤(液体)の詰め替え容器が合いませんでした。

見た目が揃って統一感がでましたが、メーカー専用の洗剤容器に比べて、とてつもなく使いにくかったのです。

液ダレが気になったり、注ぎ口の形状が不満だったり、洗濯のたびに注意書きを読みたかったり。

見た目を揃えて、何本も出しっ放しにするのも私には合いません。

脱衣所は、わが家で1番埃が溜まりやすい場所なのです。

換気扇があるから埃を集めてしまうし、衣類から糸くずは出るし、抜けた髪の毛は舞うし。


物を出しているだけでも埃が積もるので、使用頻度が低い物は出したくない。


液体洗剤はたまにしか使わないから、定位置は洗濯機上の収納の中。

右利きなので、右扉を開けたら取り出せるように右側に収納してます。

ふだんは扉を閉めているので、にぎやかな商品ラベルは見えない。


毎日使う洗剤はジェルボール。

コレだけは出しっ放しにしてるので、見るたび使うたびに笑顔になるようにカスタムしてます。


セリアの食品用容器に入れて、ラベルを作って貼って。



e0354545_13174978.gif


あなたにも、なんか使いにくい収納グッズや方法はありませんか?


三連休に見直してみるのもオススメです。

[PR]
by zakky-style | 2018-02-08 21:30 | 収納 | Comments(0)

【疲れ果てている時でも片付けられるかどうかがキーポイント】

こんばんは。
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山崎真弓です。

昨日のブログでは、物を元の場所に戻さない相手へのイライラを書きました。


今日は自分について。

物の定位置を決める時は整理収納掃除スイッチが入っていて、やる気がみなぎってることが多い。


だからこそ、[疲れ果てている時、時間がない時、忙しい時、仕事に追われて心身ともに余裕がない時、呑んで深夜に帰宅した夜]でも元の場所に戻せるかどうか。

を熟慮して、定位置を決めてほしいです。


無理なレベルを求めない。
どんな心身状態でも元の場所に戻しやすい。
サッと片づく。

それがリバウンドしない定位置を決めるポイントです。


定位置を決めたら、生活してみます。

そして、その位置が高すぎる、低すぎる、遠すぎる、出し入れするアクションが多すぎる…などの不便を感じたら見直しましょう。

あなたに合った定位置は、他人のインスタやブログや雑誌や本では見つかりません。

あなたの身長や利き腕や利き手や動線、膝や肘の可動域、性格に合わせることで見つかるのです。




[PR]
by zakky-style | 2018-02-01 23:44 | 片づけ | Comments(0)

【どうして元の場所に戻さないの⁇とイライラしてませんか】

こんばんは。
明日から2月!
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山崎真弓です。


「使った後は元の場所に戻すとルールを決めたのに、戻してくれない」

「あなたが使いやすくて戻しやすい場所を一緒に決めたのに、どうして戻さないの?」


「どうせそこに置くなら、もう少し頑張って、定位置に持って行けばいいのに。」


………使った物を定位置に戻さないパートナーやお子さんがいらっしゃる方のお悩みは尽きませんね。

ハイ、我が家も同じように‘定位置に戻さない家族’がいて、私は悩んでいました。


戻しやすい場所を一緒に考えて決めても、元の場所に戻さない。

戻す時もあれば、戻さない日もある。

戻す気ないよね⁇とキレた日もある。



【物を使った後は元の場所に戻すこと】
これが当たり前だと思って生きてきた私の価値観。

【物を使った後は元の場所に戻せたら戻すし、何がなんでも戻さないといけないというわけでもない。困っていない。次に使う時に元の場所に物がなかったら探せばいいだけ。】
という価値観で生きてきたパートナー。


そう、価値観が違うのです(*˘︶˘*)

【物を使った後、元の場所に戻すかどうか】にフォーカスし過ぎたのは私の悪いところ。
[使った後は元に戻せよ圧力]が強過ぎて、険悪ムードになったこともあり(^^;;


「共用の物は元の場所に戻ってるから、まぁいっか^^彼個人の物が元の場所に戻ってなくてイライラしてるのは私だけ!誰も困っていない!」

と思い直してから、イライラしなくなりました。


【トイレットペーパーを使った後は、ホルダーを使って一直線にスパッと切る】習慣の人と

【ホルダーを使わずにクシュっと千切るように切る】習慣の人がいる。

どちらかが「私と同じように切って!」と強要しても、何十年という習慣を変えるのは難しい。


価値観も習慣も違う人同士が、どっちかに合わせようったって、努力しても合わないこともある。

折り合いつけて暮らしていけるようにしたいものです。


自分が育てている子どもとの関わり。
違う価値観で生きてきたパートナーとの関わり。

試行錯誤しつつ少しずつ変えながら、関わっていきたいです。


片づく仕組み作りと関わり方を学べる『親・子の片づけインストラクター2級認定講座』の詳細はこちら^^→

[PR]
by zakky-style | 2018-01-31 19:01 | 片づけ | Comments(0)

【片づけてもリバウンドするのはナゼ?】

こんばんは。
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山崎真弓です。

「年末大掃除の前に整理してスッキリしたのに、一カ月でリバウンドした…」


とお悩みのあなた。

片づけても片づけてもリバウンドするのはナゼか?

それは、物が増えるからです。


年末年始は、家の中に物が多く入ってくる時期ですよね。

だから、リバウンドじゃなくて、単に物が増えて収納場所に入らなくて、散らかって見えるだけかもしれませんよ^^


どの程度を片づけのリバウンドとするかは、人それぞれです。

足の踏み場がないくらいに散らかった状態かもしれないし、

床に1つ2つ物が置きっ放しになった状態かもしれません。



今すぐできることは

収納スペース(引き出し、棚など)、ゾーン(床、カウンターなど)、部屋(リビング、キッチンなど)ごとに実施します。

①‘いかにもゴミ’を選んで捨てる
②残った物を種類別に分ける
③さらに使用頻度別に分ける
④収納スペースにおさめる
おさまらない位に物量が多い場合、
・収納テクニックを駆使して納める
or
・再び③に戻り使用頻度の低い物を手放す


これだけでスッキリします。


片づいた状態をキープするには
[家に入る物量、家から出す物量のバランスをとる]ことが大事。


お試しください^^



[PR]
by zakky-style | 2018-01-24 21:56 | 片づけ | Comments(0)

【仙台 3/10(土) 親・子の片づけインストラクター2級認定講座のお知らせです】

整理収納アドバイザー/親・子の片づけマスターインストラクター 山崎真弓です。


親・子の片づけインストラクター2級認定講座とは、一般社団法人親・子の片づけ教育研究所の認定講座です。

整理収納の「仕組みづくり」に必要な知識を学ぶことで、うまくいかなかった原因と改善方法が明確になります。


ワークを交えながら学んでいただくことで、家に帰ってすぐに実践できる内容となっています。



[おススメしたい方]
・「うちの子は何度言っても片付けない・・・」と悩んでいる
・わが家に合った整理収納の仕組みが分からない
・自分も片付けが苦手!子どもに教えられるようになりたい


[受講すると明確になること]
・わが子が片付けない理由がわかります
・わが家に合わせた「片づけやすい仕組みの作り方」が分かります
・わが子に「片づけの正しい手順」を教えられるようになります


【日時】 2018年3月10日(土曜)10:00~16:00(お昼休憩1時間)受付開始 9:45~


【場所】 東京エレクトロンホール宮城503教養室

〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町3-3-7-5階

 
【アクセス】 仙台市営地下鉄南北線・勾当台公園駅から徒歩5分


【講師】 マスターインストラクター 山崎真弓
【定員】 8名(最小催行人数 3名)


【受講料】

27000円(税込)テキスト代・認定料込

事前振込をお願いしております。


【カリキュラム】

・片づけがはぐくむ生きる力

・片づけにおける親の役割

・片づく仕組みづくり 7つのステップ&6つのポイント

・子どもが片づけてくれる関わり方の基本

・ワーク:わが家の改善点を見つけよう


【お申し込み】

こちらのフォームよりお願いいたします⇒ https://ws.formzu.net/fgen/S10638326/


*お申し込みに当たっては

当講座の受講規約(http://oyako-katazuke-edu.jp/agreement )、

当協会のプライバシーポリシー(http://oyako-katazuke-edu.jp/privacy )をご確認のうえ、お申込みください。


【お知らせ】2018年1月から、スライド・テキスト内容が充実のリニューアル。
再受講制度もスタートしましたので、また受けたい!という方も是非‼︎

●2級認定講座再受講料 7,000円(税別)+ご希望によりテキスト代1,500円(税別)

一緒に学びましょう!お待ちしております♪



[PR]
by zakky-style | 2018-01-20 21:00 | 親・子の片づけインストラクター | Comments(0)

【15年使った土鍋とサヨナラ】

こんばんは。
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
山崎真弓です。

左側の土鍋を手放しました。

結婚祝いにお客様から頂いた物で、15年間お世話になりました。

ご飯を炊いたり、お芋を蒸かしたり、冬はお鍋料理。
e0354545_21284388.gif

大切な方にいただいた物だし、お米の炊き具合が最高だし、保温力バツグンだし、それはもう手放し難かったです。(ちなみにフライパンは1年ごとに買い替えます(^◇^;))


が…
ヒビと欠けがひどくなり、何より土鍋の重さに耐えられなくなったのでサヨナラすることに(~_~;)


「今までありがとう」そう お鍋にお礼を言ってお別れしました。


次にお出迎えしたのは、今までよりも一回り小さくて軽い素材のお鍋。

大切に大切に使います^^





次回のブログでは[親・子の片づけインストラクター2級認定講座]のお知らせをします!

[PR]
by zakky-style | 2018-01-15 21:27 | 整理収納アドバイザー | Comments(0)