「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【苦手なコトは 人から学ぶ】

おはようございます。整理収納アドバイザー山崎真弓です。

さっそくですが
わたしは苦手なコトがたくさんあります。笑

それらを克服する為に いろいろな学びの方法がありますが、わたしの場合は【人から学ぶ】のが一番。

というコトに、最近 ようやく気がつきました。(弱冠41歳。汗)


現在、尊敬する大好きな方々からマンツーマンレッスンをしていただいてます。

例えば
仕事で使う図面、PC、栄養学など。

そして今日はブログのアレコレについて✧
そう、ブログ苦手なんです。。。でも克服したい気持ちも強いので学ぶことにV(^_^)V

人が大好きだから、なんでも人から学びたい。
書籍やPC検索から学んだり調べたりしてはみるものの、頭の中に入った情報や学びがすぐに出ていってしまうのです。記憶に残らないし全く身につかない。(あくまで私個人の感想です)

ということで、今日からのブログにレボリューションおこしますのでご期待ください♡


↓↓こちらの【学び】もお待ちしております✧
さっそくお申込みをいただいていると担当者さまからお聞きして、ヤマザキ飛び上がってまーす!
ありがとうございます(^-^)



【しくみ】だけでは身につかないお片づけ。
【関わり方】もご一緒に学んでみませんか?

お子さんとの片づけの【しくみ】&【関わり方】を1日で学びます♪

2016年1月17日(日)
親・子の片づけインストラクター2級認定講座→
http://yamazakkyy.exblog.jp/23904725/


今日もご訪問いただきありがとうございました。
良い1日をお過ごしください!




[PR]
by zakky-style | 2015-12-08 09:33 | 親・子の片づけインストラクター | Comments(0)

【片づかない部屋。意識をどこに向ける?】

こんばんは。
整理収納アドバイザー 山崎真弓です。

さて 、片づかない部屋。
家族の片づけが難しい理由。そのひとつとして、家族に対しての余計な感情が入るから。

【意識をどこに向けるか】
片づけが苦手な自分にイライラしているのか。
片づけをしない家族にイライラしているのか。
片づかない状況を全く気にしない家族に不満があるのか。

意識の違いで、片づけに対するモチベーションも変わります。

【モノを整理する前に、まずは自分の頭の中を整理してみる】

その意識、どこに向けていましたか?
片づけの意識をどこに向けたいですか?
『片づけてくれない』など、自分以外の人ばかりに意識を向けていませんでしたか?
子どものしつけの為といいつつ、自分の為の片づけになっていませんか?
片づけの目的は何?

………などなど。頭の中を紙に書き出すとスッキリします。思考の整理。


それにプラスして 
私はいつも慌ただしいので、頭の中を付箋に書き出して並べ替えながらタスク管理しています。
TO DOかんりと思考の整理。


今日はモノではなくて見えないモノ(意識)について書いてみました。

みなさまにとって、充実した週末になりますように‼︎
ありがとうございました✧




[PR]
by zakky-style | 2015-12-04 20:27 | 整理収納 | Comments(0)

【お子さんにとっての片づけとは…】

こんにちは。

親・子の片づけマスターインストラクター/整理収納アドバイザー山崎真弓です。


【お片づけ】
それはお母さんに叱られながら、しかたなくやらされること…

それはお母さんがイライラしながらやっていること…

なんだかつまらなそうなこと…


お子さんにとって こういう認識では、

いくら収納のしくみを万全に整えても
いくら叱っても
いくらモノを減らしても
いくら毎日毎日 片づけの方法をレクチャーしても

…………………………………
お片づけは身につきません。キッパリ。笑


親である私たちが 、毎日の暮らしの中でイライラせずスムーズに片づけをしていたら、お子さんも取りかかりやすいですよね。

お母さんのお手伝いとしてお願いするとか、まずは遊びの延長としてハードルを低く設定するとか。
さまざまな方法と関わり方があります。


【しくみ】だけでは身につかないお片づけ。
【関わり方】もご一緒に学んでみませんか?



お子さんとの片づけの【しくみ】&【関わり方】を1日で学ぶことができます♪

2016年1月17日(日)
親・子の片づけインストラクター2級認定講座
詳細は→


今日もご訪問いただきありがとうございました!


[PR]
by zakky-style | 2015-12-02 14:28 | 親・子の片づけインストラクター | Comments(0)