【休日の学習机】

整理収納アドバイザー/親・子の片づけマスターインストラクター 山崎真弓です。

さっそくですが 休日の娘の机。
e0354545_11511060.jpeg

まだ雪崩れは起きてない模様(笑)
彼女が使いやすければそれでヨシ。
片づく仕組みを一緒に作った後は関わり方が大事で、今は見守っています。散らかっていたって、私の感情でむやみに口出ししません。

ちなみに 学校から配布されるプリントは、彼女が要不要を判断してからリビングの定位置へ。

例えば【少年サッカークラブ勧誘のプリント】【子ども限定ミュージカル招待プリント】
娘に興味がなければ、わが家に不要。

毎日の【テストや宿題プリント】
100点だったモノは不要。それ以外は復習してリベンジして身についたら不要。終わって身についたモノはとにかく不要らしいです。過去は振り返らない。
(4年生の今は、判断基準も娘が決めてます。私には分からなすぎてお手上げ・笑)

それら不要なモノを分別してゴミ箱や資源ゴミ置き場に入れるのも、もちろん彼女の担当。
忙しい親の仕事ではありません。

この作業は、娘が小学校に入学した頃に教えて毎日関わって見守って繰り返してやっと身についたこと。
 
今ではプリント整理に困ることはありませんが、もちろん最初から出来たわけではないし失敗もたくさんありました。
例えば必要なモノを棄ててしまったりね^^;
でも、必要なプリントがないと具体的に誰がどう困るのか、その先を学べるビッグチャンスになりました。
そんなこんなで毎日判断するっていうことが結果的には良かったんだろうなと思います。

プリント整理は子どもの判断力を養うのに効果的な作業。自分に大切なモノを選ぶ力も養います。


そんな片づけを体系的に学べる
【親・子の片づけインストラクター2級認定講座】
http://oyako-katazuke-edu.jp/seminar
『してくれない・・・』が『できる!』に変わる講座です。

受講後、私は子どもに対する考え方が大きく変わりましたのでおすすめです✧


今日もご訪問いただきありがとうございました(≧∇≦)

[PR]
by zakky-style | 2015-10-25 11:48 | 親・子の片づけインストラクター | Comments(0)


<< 【家族からのサポート】 見せる収納 キッチン編 >>